パリブレスト

レシピ

リング状の定番シュークリームです。
絞るだけのシュー生地「ワンタッチシュープレミアム」を使用する事で簡単に作れます。
プラリネノワゼット、卵にこだわったカスタードを合わせたバタークリームを
シュー生地に絞った少しオシャレな伝統菓子です。

材料(1台分)分量
A:シュー生地
  ワンタッチシュープレミアム160g
B:クリーム
  クレム・オ・ヴァリエ100g
  砂糖20g
  加糖練乳20g
  プラリネノワゼット25g
  こだわりたまごのカスタード100g
C:トッピング
  水10g
  砂糖50g
  ヘーゼルナッツ100g
D:粉糖適量

ワンタッチシュープレミアム1袋(1kg)でパリブレスト6台分が目安です。
青字の製品は月島グループ製品です。

下準備

ワンタッチシュープレミアムは前日から冷蔵庫にて解凍し、良く揉み全体を均一にします。

工程

A:シュー生地
 1.シュー生地を直径12㎝の大きさで
   土台用を120g、センター用を40gでそれぞれリング状に絞ります。。
    ・土台   …星口10-10 40g/周を重ねて絞る(下段2周、上段1周)
    ・センター …丸口11  40g/周
 2.焼成します。
   デッキオーブン   上火180℃/下火180℃ 約30分
            →上火180℃/下火180℃ 約20分(ダンパー開)
   (焼成条件例)

B:クリーム
 1.クレム・オ・ヴァリエを撹拌します。
 2.①、②、③の順に加え、その都度撹拌します。

C:トッピング
 1.①を沸騰させます。
 2.②を加え、糖化し、焦げないようにキャラメリゼします。

構成

1.焼成冷却後、シュー生地の土台をスライスし、クリームを100g絞ります。
2.センターの生地をのせ、その上にクリームを150g絞り、上部分をのせます。
3.トッピングを付けます。
4.粉糖をふります。

作り方のポイント

・土台とセンターは同じオーブンで焼くとセンターが焼きすぎるので別々に焼きます。
・センターはカリカリになるまで、焦げないように焼きます。
・クリームの油脂は冷たいままほぐすとコシのあるクリームになります。
 (油脂適温:10~15℃)

レシピのダウンロードはこちら

パリブレストとは?

リング状のシュー生地にプラリネクリームをサンドしたフランスの伝統菓子です。
1891年、フランスの首都パリから西部の都市ブレストまでを往復する自転車レースが始まりました。この時に自転車レースの象徴となるようなお菓子として誕生したのがパリブレストです。シュー生地をリング状にすることで、自転車の車輪を表現しています。
このお菓子が評判を呼び、今ではフランスのパティスリーの定番人気商品となっています。

月島食品QMS公式サイト

月島食品QMS公式サイト

月島食品グループがお届けする『QMS』ブランド公式サイトです。 ”もっとカンタンにおいしいを”を実現する高品質な素材と、お店を彩る様々なレシピを中心に、お得な情報を発信します。

月島食品QMS公式サイト

月島食品QMS公式サイト

月島食品グループがお届けする『QMS』ブランド公式サイトです。 ”もっとカンタンにおいしいを”を実現する高品質な素材とお店を彩る様々なレシピを中心に、お得な情報を発信します。

今月の人気記事ランキング

  1. 1

    みんなの『夏に食べたい!』を聞きました。夏の味覚アンケート

  2. 2

    冷やしておいしい!流行スイーツ『ボンボローニ』のレシピ

  3. 3

    ピスタチオ好きにはたまらない!濃厚ピスタチオムースのレシピ

  4. 4

    夏を楽しむ!スイーツとパンレシピ特集

  5. 5

    伝統的なパイの製法『アンヴェルセ製法』とは?

  6. 6

    パッと目を引く『ハロウィンパン・スイーツ』のレシピ特集

  7. 7

    意外と知らないチョコレートの基礎知識③テンパリングとは?

  8. 8

    意外と知らないチョコレートの知識②カカオ豆からチョコレートができるまで

  9. 9

    好きなチョコレートは?魅力的な謳い文句は?チョコレート・カカオに関するアンケート調査

  10. 10

    意外と知らないチョコレートの知識①『チョコレートは何からできている?』

TOP