マヌルパン

レシピ

韓国の屋台やパン屋さんで大人気の「マヌルパン」をご存じですか?
「マヌル」は韓国語で「にんにく」の意味。 究極のガーリックパンと言われています。

マヌルパンとは?

最新トレンドとして日本にも上陸し、話題満載のパンです。
ガーリックパンと言っても、日本で一般的なガーリックトーストとはちょっと違います。
甘いチーズクリームとガーリックバターを合わせていて、日本人も大好きな’甘じょっぱい’味わいなんです。

パン生地はリーンな丸い成形が一般的で、切り込みを入れたところにガーリックバターをたっぷり染み込ませます。
そこに甘いチーズクリームを詰め込みます。さらに、パセリをトッピングするお店も。
そう、見た目もにんにくのようなんです。
こんがり焼き上げた時のガーリックの香りがたまりません。

にんにくで言うひとかけをちぎり、中央のチーズクリームをつけつつ、手をベタベタにしながら、がっつりといただきます。
お上品にナイフとフォークで召し上がってもいいかもしれませんね。

材料ベーカーズ%
A:パン生地
  強力粉100
  パン酵母3
  イーストフード0.1
  食塩1.4
  砂糖14
  脱脂粉乳3
  ルミナスレグノ10
  全卵(正味)6
  水65
B:フィリング%
  LRサワークリームR40
  クリームチーズ40
  加糖練乳20
C:バッター液
  ルミナスレグノ
 (湯煎溶解)
100
  ガーリックパウダー40
  全卵(正味)20

青字の製品は月島グループ製品です。

工程

A:パン生地
1.ルミナスレグノ以外の材料をミキサーに投入し、低速2分→中速8分ミキシングをします。

2.ルミナスレグノを加え、低速2分→中速4分ミキシングをします。
  生地温度27℃

3.フロアータイムを60分取ります。

4.生地を50gに分割します。

5.室温にて20分生地を休ませます。
  (ベンチタイム)

6.生地を丸め直して成形します。

7.温度38℃湿度80%のホイロに50分入れます。

8.ホイロ後、焼成します。
  デッキオーブン
  上火230℃/下火210℃ 約9分
  (焼成条件例)

B:フィリング
1.全ての材料を混ぜ合わせておきます。

C:バッター液
1.ルミナスレグノを湯煎溶解し、他の全ての材料と混ぜ合わせておきます。

構成

1.パン生地を焼成冷却した後、6等分に切れ目を入れます。

2.切れ目にフィリングを30g絞ります。

3.表面にバッター液を付け、再び焦げ目が付くまで焼成します。
  デッキオーブン
  上火230℃/下火210℃ 約10分
  (焼成条件例)

4.焼成冷却後、中央にフィリングを8g絞ります。

作り方のポイント

・ガーリックパウダーの量はお好みで調整してください。
・二度焼きの際、焦げやすいためお気を付けください。

レシピのダウンロードはこちら

月島食品QMS公式サイト

月島食品QMS公式サイト

月島食品グループがお届けする『QMS』ブランド公式サイトです。 ”もっとカンタンにおいしいを”を実現する高品質な素材と、お店を彩る様々なレシピを中心に、お得な情報を発信します。

月島食品QMS公式サイト

月島食品QMS公式サイト

月島食品グループがお届けする『QMS』ブランド公式サイトです。 ”もっとカンタンにおいしいを”を実現する高品質な素材とお店を彩る様々なレシピを中心に、お得な情報を発信します。

このページの魅力を動画でご紹介

今月の人気記事ランキング

  1. 1

    マヌルパン

  2. 2

    シェフのスペシャリテにおすすめしたいチルド用バタークリーム【クレム・オ・ヴァリエ】

  3. 3

    チョコ好きの食べたい’冬チョコレート’って?

  4. 4

    チーズテリーヌ

  5. 5

    食感が長持ちする冷凍クランブル生地【クランブルクラシック】

  6. 6

    おすすめ定期便 No.4

  7. 7

    コロナ禍で迎えた初めてのクリスマスはどうだった?★2020年クリスマスケーキ事情★

  8. 8

    2021年9月オンライン講習会

  9. 9

    フィユタージュ・トラディション

  10. 10

    モンブランタルト

TOP